了願寺台風21号被害状況

このたび9月4日 (火) に近畿圏を通過した台風21号について、被害に遭われた各ご家庭におかれましては、心よりお見舞い申し上げます。

当院にもたくさんのご門徒さまよりご心配のご連絡をいただきました。幸いお寺の本堂・庫裏ともに被害はなく、また、境内墓地の各家墓標に関しても今のところ被害はないようです。境内墓地の古い墓標の一部や瓦は強風に飛ばされましたが、その程度の被害ですみました。ご心配のご連絡をいただいた方々には、心よりお礼申し上げます。

境内庭の樹木類は何本か破損しました。直径15センチくらいのヒバと桜の木が折れました。

taifu_02.png

また、墓地入り口の六地蔵の屋根が一部飛んています。

taifu_01.png

taifu_04.png

taifu_03.png

近くの公園の樹木はかなりひどい状況で、バスもまだ完全には復旧していません。また、近隣の国道43号線や2号線にも復旧していない信号がポツポツ見られ、車の運転には注意が必要です。お車でご参詣のみなさまはくれぐれも安全運転でお越しください。

taifu_05.png

9/6 日現在、まだ電気が復旧していないご家庭もあり、まだまだ不自由な状況が続いています。お寺は電気・ガス・水道等、すべて通っていますので、なにかお困りのことがあればなんでもご連絡ください。

親鸞教室のご案内 —平成30年10月—

了願寺ではお聖教の聴聞の場として「親鸞教室」を開いております。

現在は、毎月第一日曜日の午後2時より『歎異鈔』をテーマとして、皆様と共に学びを進めております。『歎異抄』そのものは、はじめての方にとっては少しとっつきにくいと感じられるかもしれませんが、皆様の身近な問題から、お聖教へとつながるような場にしたく考えていますので、どうかお気軽にご参詣ください。

         記


日程 : 平成30年 10月7日(日)午後2時~3時半

場所 : 了願寺 本堂

テーマ : 『歎異鈔』について

keiji_2018_09.png

二十八日講 —平成30年9月—

9月の了願寺「二十八日講」ですが、通例通り28日に開催したいと思います。

当山の御講では、宗祖親鸞聖人のご命日のお勤めの後、宗祖の書かれた『正信偈』を基本テキストとして学びを進めています。現在、正信偈に出てくる七高僧について学びを進めいます。今月は引き続き善導大師の二河譬の思想に触れます。

和気藹々とした雰囲気で行われていますので、どなたでもお気軽にご参加ください。お一人でも多くの皆様のご参詣をお待ち申し上げております。服装は普段着で、お念珠だけもってどうぞ気楽にご参詣ください。

         記


日程 : 平成30年 9月28日(金)午後2時~3時半

場所 : 了願寺 本堂

テーマ : 『正信偈』について (七高僧「善導大師」の箇所, 二河白道)

keiji_2018_09.png