二十八日講 —平成30年9月—

9月の了願寺「二十八日講」ですが、通例通り28日に開催したいと思います。

当山の御講では、宗祖親鸞聖人のご命日のお勤めの後、宗祖の書かれた『正信偈』を基本テキストとして学びを進めています。現在、正信偈に出てくる七高僧について学びを進めいます。今月は引き続き善導大師の二河譬の思想に触れます。

和気藹々とした雰囲気で行われていますので、どなたでもお気軽にご参加ください。お一人でも多くの皆様のご参詣をお待ち申し上げております。服装は普段着で、お念珠だけもってどうぞ気楽にご参詣ください。

         記


日程 : 平成30年 9月28日(金)午後2時~3時半

場所 : 了願寺 本堂

テーマ : 『正信偈』について (七高僧「善導大師」の箇所, 二河白道)

keiji_2018_09.png

親鸞教室のご案内 —平成30年10月—

了願寺ではお聖教の聴聞の場として「親鸞教室」を開いております。

現在は、毎月第一日曜日の午後2時より『歎異鈔』をテーマとして、皆様と共に学びを進めております。『歎異抄』そのものは、はじめての方にとっては少しとっつきにくいと感じられるかもしれませんが、皆様の身近な問題から、お聖教へとつながるような場にしたく考えていますので、どうかお気軽にご参詣ください。

         記


日程 : 平成30年 10月7日(日)午後2時~3時半

場所 : 了願寺 本堂

テーマ : 『歎異鈔』について

keiji_2018_09.png

秋の彼岸会法要のご案内

今年は殊の他きびしい暑さが続きましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

残暑もまだしばらくは続くかと思われますが、お彼岸が近づきますと朝夕少しはしのぎやすくなってまいります。秋は実りの季節です。私たちは自然の恵みである生命をいただいてこうして日々生活を営むことができているわけですが、そうした物質的な生活の糧に加え、私たちには生きていく上で、もう一つ欠かせないものがあります。それは、親子・家族への愛情、ご先祖への感謝の気持ち、友人・同僚との信頼関係などの「精神的な糧」です。

実りの秋に当たり、それら自然のご恩、ご先祖の恩徳に感謝すべく、左記により彼岸会法要が勤まります。お誘い合わせの上ご参詣くださいますよう、ご案内申し上げます。

       記

一 日時 九月二十三日(日) 午前十時より

一 場所 了願寺本堂

掲示板_秋彼岸会法要.png