了願寺台風21号被害状況

このたび9月4日 (火) に近畿圏を通過した台風21号について、被害に遭われた各ご家庭におかれましては、心よりお見舞い申し上げます。

当院にもたくさんのご門徒さまよりご心配のご連絡をいただきました。幸いお寺の本堂・庫裏ともに被害はなく、また、境内墓地の各家墓標に関しても今のところ被害はないようです。境内墓地の古い墓標の一部や瓦は強風に飛ばされましたが、その程度の被害ですみました。ご心配のご連絡をいただいた方々には、心よりお礼申し上げます。

境内庭の樹木類は何本か破損しました。直径15センチくらいのヒバと桜の木が折れました。

taifu_02.png

また、墓地入り口の六地蔵の屋根が一部飛んています。

taifu_01.png

taifu_04.png

taifu_03.png

近くの公園の樹木はかなりひどい状況で、バスもまだ完全には復旧していません。また、近隣の国道43号線や2号線にも復旧していない信号がポツポツ見られ、車の運転には注意が必要です。お車でご参詣のみなさまはくれぐれも安全運転でお越しください。

taifu_05.png

9/6 日現在、まだ電気が復旧していないご家庭もあり、まだまだ不自由な状況が続いています。お寺は電気・ガス・水道等、すべて通っていますので、なにかお困りのことがあればなんでもご連絡ください。

舶来のジャスミン

尼崎久々知のご門徒さまがお寺にお花を持ってきてくださいました。自転車で重い鉢を抱えてきて下さいました。

手元の花辞典を調べると「ブルンフェルシア」という熱帯性花木のようです。ジャスミンのような芳香を持っています。

hana_small.png

このお花を頂いた5月中頃には、紫色で中心に白い目を持っている花をたくさんつけていましたが、時間の経過とともにこれらの紫色は退色していき、最後は全体が白色になりました。次々と新しい花を咲かせるので、時間の経過とともに複数の花色を楽しむことができます。

和名を「蕃茉莉」(バンマツリ)と言うようです。「蕃」は外国、「茉莉」はジャスミン類のことを指し、「舶来のジャスミン類」という意味です。初夏の良い季節、了願寺境内にはしばらくこの花の芳香が漂っていました。

どんぐりの妖精?!

尼崎潮江の檀家さんのお宅の玄関で、なにやら楽しいものがふと目に入って来ました。可愛い装飾が施された「どんぐり」の実が盆栽の枝枝に配置されています。ご近所では人気らしく、関西テレビの よ~いドン! の「となりの人間国宝さん」にも取り上げられたそうです。番組の認定書も見せていただきました。日常のふとした風景に、こういった小さなユーモアを加えることが、人生に彩りを与えるのかもしれません。

donguri_05.png

donguri_01.png

donguri_02.png

donguri_03.png

donguri_04.png

[2014/07/07 動画追加]