プレゼンテーション用 LaTeX クラス Beamer の使い方メモ

プレゼンテーション用の LaTeX クラス Beamer の使い方をメモしておきます。Mac でのプレゼン資料作成のためのアプリは Keynote が有名ですが、LaTeX で文書を作成しているなら、LaTeX 文書を元にしてコピー・アンド・ペーストでプレーンテキストでプレゼン用資料が作れるのは便利です。以前から使い方を知っておきたかったので、この機会に勉強してみます。本日新年の1月6日。本格的な日常がやってくる前に…

環境は Mac OS X El Capitan (10.11.2), LaTeX は Homebrew からインストールしました (Mac OS X El Capitan に LaTeX インストール)。

$ platex -v
e-pTeX 3.14159265-p3.6-141210-2.6 (utf8.euc) (TeX Live 2015)
kpathsea version 6.2.1
ptexenc version 1.3.3
Copyright 2015 D.E. Knuth.
There is NO warranty.  Redistribution of this software is
covered by the terms of both the e-pTeX copyright and
the Lesser GNU General Public License.
For more information about these matters, see the file
named COPYING and the e-pTeX source.
Primary author of e-pTeX: Peter Breitenlohner.

Beamer 文書作成

こちらのページ で紹介されている Beamer class の例を見ながらメモしていきたいと思います。以下では同ページの example3 をもとに使い方を学習します。

プリアンブル

documentclassbeamer を指定します。 usetheme で様々なテーマが使用できます (cf. Beamer theme gallery)。ここでは beamerthemeshadow パッケージを使用することにします。

\documentclass[dvipdfmx]{beamer}
\usepackage{pxjahyper} % cf. http://d.hatena.ne.jp/zrbabbler/20120528/1338221936
% \usetheme{Singapore}
\usepackage{beamerthemeshadow}

文書スタート

LaTeX の流儀通りです。

\begin{document}
\title{Beamer のテスト}
\author{澍法雨}
\date{\today}

タイトルと目次

Beamer では各スライド内容を \frame 環境に書いていきます。まずは、タイトルと目次。

\frame{\titlepage}

\frame{\frametitle{目次}\tableofcontents}

beamer_example_01.png

beamer_example_02.png

セクション・サブセクション

\section{セクション 1} 
\frame{\frametitle{セクションのタイトル}
セクション内の文章。
}
\subsection{サブセクション 1-1}
\frame{\frametitle{サブセクションのタイトル}
サブセクション内の文章。
}

beamer_example_03.png

beamer_example_04.png

リスト

番号なしリスト

\itemize 環境で。

\section{セクション 2}
\subsection{番号なしのリスト}
\frame{\frametitle{四法印}
\begin{itemize}
\item 諸行無常
\item 諸法無我
\item 一切皆苦
\item 涅槃寂静
\end{itemize}
}
  • pause を追加

\pause で指定します。

\frame{\frametitle{四法印 (with pause)}
\begin{itemize}
\item 諸行無常\pause
\item 諸法無我\pause
\item 一切皆苦\pause
\item 涅槃寂静
\end{itemize}
}

beamer_example_05.png

番号つきリスト

\enumerate 環境で。

\subsection{番号付きのリスト}
\frame{\frametitle{四法印 (with number)}
\begin{enumerate}
\item 諸行無常
\item 諸法無我
\item 一切皆苦
\item 涅槃寂静
\end{enumerate}
}
  • pause を追加
\frame{\frametitle{四法印 (with number and pause)}
\begin{enumerate}
\item 諸行無常\pause
\item 諸法無我\pause
\item 一切皆苦\pause
\item 涅槃寂静
\end{enumerate}
}

beamer_example_06.png

テーブル

tabular 環境で。

\subsection{テーブル}
\frame{\frametitle{三毒}
\begin{tabular}{|c|c|c|}
\hline
\textbf{三毒} & \textbf{Sanskrit} & \textbf{Pāli} \\
\hline& rāga & lobha  \\
\hline& dveṣa & dosa \\
\hline& moha & moha \\
\hline
\end{tabular}}
  • pause を追加
\frame{\frametitle{ 三毒 (with pause)}
\begin{tabular}{c c c}
貪 & rāga & lobha  \\
\pause & dveṣa & dosa \\
\pause & moha & moha \\
\end{tabular} }

beamer_example_07.png

ブロック

block 環境で。

\section{セクション 4}
\subsection{ブロック}
\frame{\frametitle{三身 (with pause)}

\begin{block}{法身}
真如そのもの。代表 = 毘盧遮那仏
\end{block}\pause

\begin{exampleblock}{報身}
真理のはたらき。あるいは修行して成仏する姿。代表 = 阿弥陀仏
\end{exampleblock}\pause


\begin{alertblock}{応身}
人々の前に現れる釈迦の姿。代表 = 釈迦牟尼仏
\end{alertblock}\pause
}

beamer_example_08.png

文書終わり

\end{document}

コンパイル

uplatex を使用しました。

$ uplatex example.tex
$ dvipdfmx example.dvi

このエントリーで使用したファイル: example.pdf example.tex

参考サイト

1 thought on “プレゼンテーション用 LaTeX クラス Beamer の使い方メモ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください