Mac OS X El Capitan の AUCTeX の設定

Mac OS X El Capitan に LaTeX インストール したので、Emacs の TeX モードの AUCTeX の設定をしておきたいと思います。AUCTeX は MELPA パッケージ群に含まれますので M-x packages-list-packages から導入可能です。auctex-latexmk.el も一緒に導入しました。

auctex             11.89         Integrated environment for *TeX*
auctex-latexmk     20151217.557  Add LatexMk support to AUCTeX

init.el

~/.emacs.d/init.el の書き方は TeX Wiki の AUCTeX に詳しいですが、最低限のものをここにメモしておこうと思います。

;; auctex
(setq TeX-auto-save t)
(setq TeX-parse-self t)
(setq-default TeX-master nil)
(setq TeX-PDF-mode t)

;; latexmk
(require 'auctex-latexmk)
(auctex-latexmk-setup)

(add-hook 'TeX-mode-hook
          '(lambda ()
             (setq TeX-command-default "LatexMk")
             (setq TeX-view-program-selection
                   '((output-dvi "Skim")
                     (output-pdf "Skim")))
             (setq TeX-view-program-list
                   '(("Skim" "/Applications/Skim.app/Contents/SharedSupport/displayline -b -g %n %s.pdf %b")))))


;; for skim, inverse search
(require 'server)
(unless (server-running-p) (server-start))

;; reftex
(add-hook 'LaTeX-mode-hook 'turn-on-reftex)
(setq reftex-plug-into-AUCTeX t)
(setq reftex-default-bibliography '("~/Library/texmf/pbibtex/bib/bib_01.bib"
                                    "~/Library/texmf/pbibtex/bib/bib_02.bib"
                                    "~/Library/texmf/pbibtex/bib/bib_03.bib"
                                    ;; ...
                                    ))

上の設定ではコンパイルは latexmk で行ってます (cf. TeX Wiki Latexmk)。 前の記事 同様 ~/.latexmkrc は以下のように書いています。

$latex  = 'uplatex -src-specials -synctex=1 -interaction=nonstopmode';
$pdflatex  = 'uplatex -src-specials -interaction=nonstopmode';
$bibtex = 'upbibtex';
$pdf_mode = 3;

Skim

PDF Viewer には Skim を使用しています。 Skim は -syncex=1 でコンパイルすると Emacs の間を行き来できるようになって便利です。

Skim の「環境設定」の「同期する」の「初期値」を「Emacs」にしておきます。これでも大丈夫だと思いますが、私は Mac には Homebrew から Emacs Mac Port を導入しましたので、 emacsclient までのフルパスを設定しました (Emacs on Mac OS X El Capitan)。

mac_auctex_01.png

Test

上の設定では “C-c C-c” でデフォルトの LatexMk が走ります。 “C-c C-v” で Skim の displayline が走り、Emacs での作業箇所がハイライトされます。

RefTeX の設定もしていますので、 “C-c [” (reftex-citation) で BibTeX の文献が引用できます。 latexmk が適切な回数コンパイルを行ってくれます。

テストとして以下のソースファイルをコンパイルしてみます。

test.tex :

% -*- coding: utf-8; -*-
\documentclass[11pt,a4paper,uplatex]{jsarticle}
\usepackage[T1]{fontenc}
\usepackage{txfonts}
\begin{document}

\section{test}
これはテストです。

\section{sample}
これはサンプルです。\cite{test_2015}を引用します。

\bibliographystyle{jplain}
\bibliography{test}

\end{document}
%%% Local Variables:
%%% mode: japanese-latex
%%% TeX-master: t
%%% End:

test.bib :

@Book{test_2015,
  author =       {某甲 某},
  title =        {Emacs の AUCTeX のテスト},
  year =         2015,
  yomi =         {なにがし ぼう},
}

test.pdf :

mac_auctex_02.png

Skim で表示された PDF 上で Command + Shift + クリック すると Emacs 上のファイルの対応した行に移動します (Emacs 上で該当ファイルを開いている必要あり)。

1 thought on “Mac OS X El Capitan の AUCTeX の設定

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください