さくら VPS に Tiny Tiny RSS を導入

Google Reader サービス中止のニュースが話題になっています (Official Google Reader Blog)。私も便利に利用していたので、さてどうしようかな、としばらく様子を見ていました。Google Reader はほとんど使用することが習慣化しており、その使用感について改めて意識することはなかったのですが、いざなくなるとなると代替を探すのが難しく、便利なサービスだったなと感じます (まあ、薄情なものです…)。Google Reader 公式ブログによると、「3ヶ月猶予があるから (今年の7月1日正式終了)、それまでに代替のフィードリーダーを探してね、Google データエクスポート からデータはエクスポートできるから」とのことです。

さて、とにかく何か別のものを使い始めなければなりませんので、手始めに Tiny Tiny RSS (以下 TT-RSS) を利用してみようと思います。導入先はさくらの VPS (Debian Squeeze) にします。簡単なインストール案内が本家のサイトにあります。

要件は、

- ブラウザ (Firefox, Chrome, Opera, cf. http://tt-rss.org/wiki/CompatibleBrowsers)
- Web server (Apache など)
- PHP (要 mbstring)
- PostgreSQL か MySQL

となっています。VPS を利用している方であれば、Apache, PHP, MySQL などは導入済みの方がほとんどでしょうが、適宜必要なパッケージを予め導入しておきます。

例えば以下のように実行すればよいでしょう。

$ sudo apt-get install apache2 mysql-server libapache2-mod-php5 php5-mysql
$ sudo apt-get install php5-cli php5-xmlrpc php5-curl

以下では Debian Squeeze で、Apache と MySQL を利用します。

get source code

まずは TT-RSS のソースコードを入手しておきます。

$ cd ~/src
$ wget http://tt-rss.org/download/tt-rss-1.7.5.tar.gz
$ tar zxvf tt-rss-1.7.5.tar.gz
$ cd tt-rss-1.7.5

creating a database

MySQL のデータベースを用意します。パスワード (‘ttrsspass’) は適当なものに変えておいてください。

$ mysqladmin -u root -p create ttrssdb
$ mysql -u root -p -e "GRANT ALL PRIVILEGES ON ttrssdb.* TO ttrssuser@'localhost' IDENTIFIED BY 'ttrsspass'"
$ mysql -u root -p -e "FLUSH PRIVILEGES"

ソースコードの schema ディレクトリの SQL ファイル (ttrss_schema_mysql.sql) をインポートしておきます。

$ mysql -u ttrssuser -D ttrssdb -p < schema/ttrss_schema_mysql.sql

configure

テンプレートから config.php を作成しておきます。

$ cp -a config.php-dist config.php

デフォルトでは DB_TYPE に postgresql が選択されています。これを mysql に変えておきます。その他も上で設定したものに変えておきます。

define('DB_TYPE', "mysql");
define('DB_HOST', "localhost");
define('DB_USER', "ttrssuser");
define('DB_NAME', "ttrssdb");
define('DB_PASS', "ttrsspass");
define('SELF_URL_PATH', 'http://yourserver/tt-rss/');

Apache のドキュメントルートに移動して、パーミッションを変更しておきます。

$ sudo cp -a . /var/www/tt-rss
$ sudo chown -R www-data:www-data /var/www/tt-rss
$ sudo chmod 600 /var/www/tt-rss/config.php

Apache を再起動します。

$ sudo service apache2 restart 

import feed subscriptions

  • http://<サーバーのアドレス>/tt-rss

にアクセスして、設定を進めます。初期ユーザーは “admin” でパスワードは “password” です。

tt-rss_login.png

最初にログインした後、右上の「操作」の “Preferences” 「ユーザー」からパスワードの変更をしておきます。

Google Reader からフィードを取り込む場合は、Google Reader の「設定」「インポート/エクスポート」「情報をエクスポート」から「Download your data through Takeout」をクリックしてデータをエクスポートします。ダウンロードしたデータの中にある subscriptions.xml が登録したフィードリストなので、これを TT-RSS の WebGUI 右上の「操作」「Preferences」「フィード」「OPML」から選択して “import my OPML” をクリックして取り込みます。

automatically update

デフォルトでは TT-RSS はフィードをダブルクリックした時のみアップデートを行います。

config.php の “SIMPLE_UPDATE_MODE” の “false” を “true” に変更しておくと、TT-RSS にログインしている間、30分毎にフィードをアップデートしてくれます (“Preferences” で変更可能)。

ttrss_update_feeds.png

この方法 (Simple background updates) ではブラウザで TT-RSS を使用している時のみアップデートが行われます。システム自体で定期的にフィードのアップデートを行うには、例えば crontab で以下のようなラインを登録しておくことで可能となります。

$ crontab -u www-data -e
*/30 * * * * cd /var/www/tt-rss && /usr/bin/php /var/www/tt-rss/update.php --feeds >/dev/null

詳しくは UpdatingFeeds – Tiny Tiny RSS をご参照ください。

もう一点、私が今回導入した TT-RSS v.1.7.5 のデフォルトでは TT-RSS 自体の自動アップデートが有効になっていないようです。”Preferences” の “System plugins” の “updater” にチェックを入れておきました。

ttrss_update_plugin.png

さくら VPS に Tiny Tiny RSS を導入」への2件のフィードバック

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください