疫病についてのお手紙

現在、世界的に感染拡大が報告されているコロナウイルスですが、人類はこれまでも伝染病によって大いに苦しめられ、その都度多くの命が失われてきました。念仏の教えに生かされる私たちは、この現在の不安に取り囲まれた状況といかに向き合うべきでしょうか。宗祖親鸞聖人の『末灯鈔』に見られるお手紙と、本願寺8代目蓮如上人の「疫癘」の御文は、その示唆を私たちに与えてくれます。

了願寺では、現在、この2つのお手紙を、月忌参りの折にご門徒さまとご一緒に拝読しております。その都度、様々なご意見を頂戴して、ともに、宗祖、列祖のお言葉に学び、多くのことを教えられております。ここに、皆様にお配りしているプリントを掲載したいと思います。

  • 末灯鈔 (六)

kozo_kotoshi_01.png

kozo_kotoshi_02.png

  • 疫癘の御文

ekirei_new_01.png

ekirei_new_02.png

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください