謹賀新年

謹んで新年のお祝辞を申し上げます。

南無の二字を念ずる時、如來は我に来たり給う。阿弥陀仏の四字を念ずる時、我らは如來の内にある。

念仏は旧人生を葬る墓なると共に、新人生の母である。信の一念のうちに、はや永久の新人生に包含せらるる。

信に死して、願に生きよ。

新しい年の初めにあたり、この曽我量深師の力強いことばが想起されます。年の初めの感懐の中で、心もあらたにして、皆様方とともに新人生の母なるお念仏の道を歩ませていただきたく存じます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

合掌

修正会のご案内

新年 一月一日 午前十一時 より了願寺本堂にて修正会が勤まります。お誘いあわせてご参詣ください。

謹賀新年” への2件のコメント

  1. 新年おめでとうございます。
    本年もお世話になります。

    昨年末に了願寺のホームページを見つけました。
    了願寺過去帖、占部観順師について、そして、中島町の起源などを興味深く拝読致しました。

    了願寺の歴史については何も知りませんでした。申し訳ありません。
    一方、中島町の歴史についてはその一部を聞きかじりした程度で、了願寺の歴史と共に何か自分のルーツの一端を知った様な気持ちになりました。

    • ryogan 2016年1月7日 1:27 PM より: 編集
      コメントどうもありがとうございます。
      本年もどうぞよろしくお願いいたします。

      丁寧に拙サイトをご覧下さり、感謝申し上げます。
      あまり更新頻度は高くありませんが、今後もお寺のこと町のこと
      でお伝えできることは、ここに更新させていただきたく考えてお
      りますので、時折お立ち寄りくださいませ。

      了願寺 副住職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です